Fymicaの
    今様小袖
         ~imayokosode~

今様小袖・着物スローライフ
Fymica

Fymica(フィミカ)のホームページへようこそ。

当サイトはおはしょりのないとても簡単な着物の着方「今様小袖(いまようこそで)」のご提案

ゆったり着物生活『着物スローライフ』のお話、

お茶会、和装や大島紬の講座などのイベント開催のお知らせ、

大島紬の製造元である大島紬美術館へのご案内などをご提供しています。

その他少しだけ宇宙の根源のお話なども。和装の楽しさとエネルギーを感じて頂けますように。 

今様小袖(いまようこそで)

安土桃山時代の小袖の様に、おはしょりを作らない、ほとんど襟を抜かない着方や、そのように仕立てた着物を『今様小袖』(いまようこそで)と呼んでご提案しています。

着付けの中で最もつまずきやすい「おはしょり」と「襟抜き」がないため、着崩れの心配もなく5分位で着られます。

使う紐はコーリンベルト1本だけ。着付けの技術など要りません。

一見普通の着物の着姿と見分けが付きませんので、今まで着付けが難しいからと着物を諦めていた方、日常で海外で着物を簡単に楽しみたいとお考えの方に、是非お勧めいたします。

着物スローライフ

日々の着物生活や和装についてのあれこれを、ブログとコラムで綴っています。

愛がとびきり深い大島紬に多少偏っておりますが、一般的な着物の知識だけでなく、私が知る歴史的な変遷や、明治大正生まれのおばあちゃん世代から聞いている事、楽に着るヒミツ、コーディネートのコツなどについてもお届けしています。

その他、着物を汚してしまった時のお手入れについてなど。

時々和装に関わって、香道など日本文化の話題もお届けしています。

講座・お話会・イベント等

今様小袖セミナー・講座
おはしょりのない超かんたん着付け、今様小袖についてお伝えするセミナーや講座を開催しています。セミナーでは、おはしょりが生まれて今の形になるまでの着物の歴史的変遷や、おはしょりのない着物の着装体験を、個別講座ではセミナーの内容に加えてその方に合わせた美しい着姿のポイントをしっかりお伝えします。
とっても簡単な着方ですので、一度でマスターして頂けます。
海外からのお客様にも対応いたします。

イベント・お出掛け・同行ショッピング
日本文化や着物を気軽に楽しむイベントや、中国琵琶とのコラボレーション「曲水の宴」
着物リサイクルショップや着物の似合う場所へのお出掛け、ホテルラウンジでのお茶会など、さまざまに企画しています。お洋服でのご参加も大歓迎。

大島紬講座
大島紬に関する講座を行っています。大島紬については伝統工芸品としての歴史やこぼれ話、作業工程や種類等々。全国どこでも出張可。海外からのお客様にも対応致します。

大島紬美術館【特別講座】

通常、一般のユーザーの方は入れない、製造元の「蔵」である大島紬美術館と資料館に直接ご案内いたします。

大島紬ってどんな織物?

それをたっぷり見て知って頂くための特別講座です。

大島紬のあの精緻な柄を織りだすために欠かせない締機(しめばた)などの機材や黒く染まっていく過程の絹糸、原料などを見て頂き、織り上がるまでの気の遠くなるような工程を詳しくご説明。

大島紬独特の模様にまつわる逸話や歴史なども織り交ぜ、一般のお店では一度に見る事は到底出来ない種類と質の実物をご覧頂きながら、製作サイドからの思いや現状などもお伝えしています。

奄美大島の魂と技が生み出した絹の芸術品、大島紬の全貌を是非、見て触れて感じて下さい。

MESSAGE ごあいさつ

代表の堀川しょうこです

Fymica(フィミカ)の堀川しょうこです。

着物が、大島紬が大好きすぎて、ついにこんなお仕事を始めてしまいました。

着物生活の楽しさ、驚きの着やすさの今様小袖、大島紬のとっても沢山の種類や質の厚み、アレンジのしやすさ等をこのサイトから感じて頂けたら嬉しいです。

しょうこのプロフィール(coming soon)

ブログピックアップ

大島紬は星のエネルギーを宿しているのです

泥染めの大島紬は独特の、黒光りする砂鉄の様な黒褐色、をしています。この色は、草木染と隕石の鉄分による化学変化なのです。

 テーチ木(シャリンバイ)の煮汁で何度も染めた絹糸を、「泥田」と言われる鉄分を多く含んだ田んぼの泥に、これまた何度もくぐらせる事で、あの独特の黒褐色になって行きます。

半幅帯(小袋帯)は浴衣だけでなく小紋やお出掛け着物にも

半幅帯は帯枕を使わないのでとってもなんです。 椅子にもたれるのも、カルタ結びや貝の口、ペッタンコの帯結び程楽なものはありません。

 結び方のバリエーションも簡単な物から華やかなものまで豊富ですし、中でも一見袋帯の様な半幅帯は超スグレモノです。

お食事で付いた油汚れや口紅はすぐにシミ抜きを

着物は大体季節の変わり目に丸洗いやしみ抜きをされると思いますが、お食事の油汚れや口紅の場合、すぐのしみ抜きがお勧めです。 

 バターたっぷりのデミグラスソースとか口紅などは、繊維の深くまで入り込んでしまうので、季節の変わり目を待たずに、しみ抜きだけでも先にやっておく方が安全です。

NEWS 新着情報

2019/09/05
中国琵琶との声部「曲水の宴」UPしました。

2019/10/05
「今様小袖の着方について」をUPしました。 NEW

2019/10/07
「女性の着物の歴史について」をUPしました NEW

COLUMN 着物お役立ち情報

  • 着物の自宅でのちょっとしたお手入れ方法
  • 着物を楽に着るコツ(ネタバレ)
  • 大島紬の秘密(緻密すぎる手仕事のわけ)
  • 動画(You tube)でお伝え

などのお役立ち情報をお届けします。