今様小袖(いまようこそで)

今様小袖について

おはしょりなし。えり抜きなし。

紐はコーリンベルト1本だけ。

下着もルームワンピースで問題なし。

なのに普通に着物を着ているように見えてしまう

今様小袖。

今様小袖なら、いつでもどこでも

”かんたん楽々着物ライフ”です。

 

 

かつて着物はとっても自由でした。

沢山の紐も使わず締め付けもせず、ゆるっと柔らかく、好きな色柄を好きに組み合わせて。

そんな風に、安土桃山時代の着物(=小袖)の様におはしょりがなく、襟を抜かない着方
『今様小袖』(いまようこそで)と呼んで、ご提案しています。

今様小袖スタイル(麻の着物)

 

誰でも5分で簡単に着られて身体も楽で、
そして普通に着物を着ている様に見える…

紐はコーリンベルト1本だけ。

伊達締めも使いません。

着物の下はユニクロ等のルームワンピースだけでも大丈夫。

 

驚きでしょう?

 

でもこの着方、実は昔の着物の着姿にとっても近いんです。

 

華やかな小袖が着られていた安土桃山時代は、みんなこんな風に着物を着ていました。

 

着付けで最もつまづきやすい「おはしょり」がなく「襟抜き」をしませんので、
着付けの技術は不要です。
どなたでも、とても簡単に着られます。

 

おはしょりがないので腰ひも・胸紐は不要。
身体を締め付けないので、とっても楽ちん。
一日着ていても疲れません。

 

着物の下は、長襦袢も肌襦袢も使いません。
ユニクロなどのホームワンピースに仕立て襟です。

 

襟を殆ど抜かないため、ダウンヘアスタイル、ハーフアップスタイルも問題なし。
ご自身でのアレンジが簡単に出来ます。

 

着付けもヘアスタイルも自分で簡単に出来ちゃいます。

 

さらにさらに、「脚が長く見える」「化粧室での扱いがとっても楽」な利点も。

足さばきも楽で一日着ていてもまず着崩れず、着崩れても簡単に直せます。

 

日常で、旅行先で、外国で、美しい着物姿を楽に簡単に楽しんで下さい。 

 

今様小袖の着方について

半幅帯(小袋帯)をお文庫結びで

 

今様小袖はおはしょりを作りません。

長い丈の着物を腰紐で縛るのではなく、
最初から対丈(ついたけ)と言って、いわゆるマキシ丈に仕立てます。

いわば、マキシ丈の巻きロングワンピース。

前を合わせるだけで完成しちゃうのです。

帯は基本的に半幅帯。浴衣の様に前で結んで後ろに回します。

楽ちんで簡単、結び方のバリエーションが豊富なので
半幅帯(小袋帯)をオススメしています。

もちろん名古屋帯や袋帯も大丈夫ですよ。

 

詳しくは動画にて。

今様小袖のヘアスタイルについて

 

襟を抜きませんので、アップヘアでないと髪の毛がハネてしまう、ヘアサロンで整えて貰わないといけない、と言う、従来のお困りごととは無縁です。

ダウンヘアスタイルでも大丈夫


ダウンヘアスタイル、ハーフアップスタイルも綺麗に決まります。

普段のヘアアレンジのやり方で、お好みのヘアスタイルで、是非着物スタイルを楽しんで下さい。

和装ヘアのポイントとしまして、
後れ毛は無い方が綺麗に見えます。

スプレーやジェルなどで撫でつけておくのが美しく見えるポイント。

お試しになって下さいね。

今様小袖ギャラリー

まだ少ないですが、ご参考に今様小袖のコーディネート写真をアップしています。

これに限らず、皆様のオリジナルで色んな着方を楽しんで下さい。

動画で今様小袖

今様小袖の特徴や着付け方、コーディネートなどを動画でご説明しています。

今様小袖お話会

今様小袖について、特徴やばっちりはまるシーン、コーディネートの楽しみ方に加え、今の着物の元となった平安時代の女房装束から江戸時代初期の様式や歴史について、お話しています。

さくっと今様小袖の体験もして頂いていますので、この機会にぜひ今様小袖の楽さを体感して下さい。

女性の着物の歴史について

襟を抜いて、おはしょりを作って、という今の着物のスタイルが大体出来上がったのはいつ頃か、ご存じでしょうか。

実は江戸時代。八代将軍吉宗の頃の事。

平安時代以降、江戸時代に入るまで女性の髪形は垂れ髪と言って、結いあげていませんでした。

着物も今の形とは違って身幅が広い対丈(ついたけ※)の小袖をゆるーっと身にまとう感じでした。
身分の高い武家の女性はその上に打掛姿です。

帯も今よりずっと細い物を腰の辺りで結んでいました。
今で言う腰紐の様な存在だったのです。

織田信長や豊臣秀吉の時代の女性、お市の方とか淀の方、北の政所(ねね)などの衣装、と言えば分かりやすいでしょうか?

それが江戸時代に入って、髷(まげ)などの結いあげる髪型が現れ、次第に襟を抜く様になってゆきます。

帯はどんどん華やかに、長く太くなって装飾の色を強めてゆき、江戸時代後期・1800年頃に長く太くなった帯をしっかり締めるために、帯締めが生まれます。

対丈だった小袖は裾が長くなり、屋内では「お引きずり」をするようになって行きます。

そして、屋内で引きずって着ている着物の裾を、外出時に汚さない様に抱え帯(かかえおび)でからげたことから、おはしょりが生まれたのです。

お太鼓結びの誕生は江戸時代後期の1813年。
亀戸天神の太鼓橋が再建されたお祝いに考案されたと言われています。

帯揚げもその時考案されたのではないか、と言われていますが、
一般的に使われるようになったのは明治に入ってからと考えられています。

今私達が知っている着物姿の原型は、江戸の後期、約200年前にやっと成立し、
150年程前の明治に入ってから整ったものなのです。

 

※マキシ丈の様なくるぶし位の長さ。身丈と同じ長さである事

女性の着物の歴史 詳細 
coming soon