女性の着物の歴史

女性の着物の歴史(短編)

武家女性の打掛姿風に着た物

襟を抜いて、おはしょりを作って、

という今の着物のスタイルが

大体出来上がったのはいつ頃か、

ご存じでしょうか。

実は江戸時代。八代将軍吉宗の頃の事。

 

平安時代以降、江戸時代に入るまで

女性の髪形は垂れ髪と言って、

結いあげていませんでした。

着物も今の形とは違って身幅(横幅)が広い

対丈(ついたけ※)の小袖をゆるーっと

身にまとう感じでした。

身分の高い武家の女性はその上に

打掛姿です。

帯も今よりずっと細い物を腰の辺りで

結んでいました。

今で言う腰紐の様な存在だったのです。

織田信長や豊臣秀吉の時代の女性、

お市の方とか淀の方、北の政所(ねね)

などの衣装、と言えば分かりやすいでしょうか?

 

それが江戸時代に入って、

髷(まげ)などの結いあげる髪型が現れ、

次第に襟を抜く様になってゆきます。

帯はどんどん華やかに、

長く太くなって装飾の色を強めてゆき、

江戸時代後期・1800年頃に

長く太くなった帯をしっかり締めるために

帯締めが生まれます。

 

対丈だった小袖は裾が長くなり、

屋内では「お引きずり」をするように

なって行きます。

そして、屋内で引きずって着ている着物の

裾を、外出時に汚さない様に

抱え帯(かかえおび)でからげたことから、

おはしょりが生まれたのです。

 

お太鼓結びの誕生は

江戸時代後期の1813年。

亀戸天神の太鼓橋が再建されたお祝いに

考案されたと言われています。

帯揚げもその時考案されたのではないか、

と言われていますが、

一般的に使われるようになったのは

明治に入ってからと考えられています。

 

今私達が知っている着物姿の原型は、

江戸の後期、

約200年前にやっと成立し、

150年程前の明治に入ってから

整ったものなのです。

 

※対丈(ついたけ)とは、マキシ丈の様なくるぶし位の長さ。身丈と同じ長さである事